« 2016年9月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月26日 (木)

ウォークマンNW-A30シリーズとiTunesを同期するソフト

ウォークマン2016年冬モデルのA30シリーズ「NW-A35」を購入しました。iPodよりも断然高音質だし強力なノイズキャンセリングのおかげで電車の中でも快適に音楽を楽しめます。

でも、普段はiTunesで音楽ファイルを管理しているのでウォークマンと連携できればもっと便利になるはずです。ソニー純正のMedia Goは使い勝手が悪いし、かといって毎回ドラッグアンドドロップでファイルをコピーするのは面倒です。しかも公式サイトに書かれているiTunesからドラッグアンドドロップの方法は曲単位でのコピーです。個人的にプレイリスト単位でコピーしたいという考えがありました。

そこで、iTunesのプレイリストを読み込んでウォークマンに同期転送するソフトを作成することにしました。同時にウォークマン本体にプレイリストを登録できるのでiTunesと効率よく連携できると思います。また、差分コピーとミラーリング(プレイリストに対して)ができるのでスマートプレイリストを転送するのに最適です。

概要:

ソフト名:AFTransfer
バージョン:ver.1.0.0
対応OS:Windows 7,8,10(.NET Framework4.5以上必須)
公開日:2017年1月27日
作者:k1102
種別:フリーウェア

ダウンロードはこちらから。

使用方法:

(1)メニュー「編集」→「設定」からiTunes Music Library.xmlと出力先を指定してください。
(2)転送条件を指定してください。
(3)OKをクリックしメイン画面に戻ります。
(4)正しく設定されているとプレイリストが読み込まれます。
(5)プレイリストを選択後、「転送」ボタンをクリックします。
(6)ファイルのコピーが始まります。

操作は難しくないと思います。管理している曲数が多いと読込みに時間がかかるかもしれません。動作確認機種はNW-A35です。USBマスストレージクラスに対応したデバイスへの転送ソフトとしても活用できると思います。

ちなみにiTunesのライブラリファイルはiTunesの設定オプションからチェックを入れないと利用できないのでご注意下さい(最近のバージョンからみたいです)。

Itunes_001
iTunes Music Library.xmlの出力方法です。

以下、スクリーンショット。

Aft_004

Aft_002

おまけ:

NW-A35製品レビュー

ウォークマン2016年冬モデルのNW-A35です。容量は16GBでヘッドフォンが付属しないモデルとなります。ヨドバシカメラで2万円でした。

音質補正は以下の設定にしています。

  • DSEE HX オン
  • ダイナミックノーマライザー オン

Clear Audio+とクリアフェーズは強調しすぎな感じがしたのでオフで聞いています。自宅ではノイズキャンセリングもオフです。音質は解像感が高く、1回試聴しただけで明らかにiPodよりも優れていることが実感できます。

時計すらないストイックなデジタルオーディオプレイヤーですが値段並の満足感はありますね。やや不満があるところは、タッチパネルの反応が悪いこととボタンの操作性が悪いところ。ハードキーは側面よりも今まで通り正面に配置したほうが良かったと思います。

Dsc02357

同時購入したオプション品。

Dsc02363

シリコンジャケット「CKM-NWA30」です。
ボタン操作性が悪化するのであまりおすすめできません。

Dsc02361

ノイズキャンセリングイヤホン「MDR-NWNC33」です。
ハイレゾは不要ですがノイズキャンセルは必須だったのでこちらを購入してみました。価格も4000円とハイレゾヘッドフォンの半額です。

廉価版の感じは全くなくて音質良好です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2017年2月 »