« 台風 | トップページ | 玉子湯 »

2013年9月22日 (日)

須川温泉

期間:2013年9月22日
場所:秋田県・須川温泉

栗駒国定公園内にある須川温泉で温泉に入りました。

関連:須川温泉 栗駒山荘

東北道~一関IC~国道342号~須川温泉

途中、平成20年に起きた岩手宮城内陸地震で折れた祭畤大橋を見学しました。新しく掛け替えた橋の手前に展望台が整備されています。

P9220069
駐車場有り。

P9220074
折れた橋梁の一部を展示。

橋の構造や地滑りの解説など土木関係の紹介パネルが豊富でした。かなり専門的な感じがしたので関係者向けなのかもしれない。

P9220076
ぽっきり折れてます。

地震の被害を受けた状態をそのまま保存しています。アスファルトが剥がれ落ちるなど自然に風化が進んでいます。地震の遺構が見られるのも10~20年くらいでしょう。東日本大震災で打ち上げられた漁船や庁舎を多額の費用をかけて保存する意味を考えさせられます。やがて野に返る物を無理に保存するよりは、ちゃんと記録を残し後世に伝えていく教育に力を入れるべきだと思います。

国道342号で栗駒山の裏側を走ります。

P9220080
道路状況良し。

P9220081
栗駒山荘

須川温泉は写真の栗駒山荘の他に岩手県側に須川高原温泉旅館があります。どちらも日帰り入浴可能なのでお好みで。今回は栗駒山荘で入浴。

  • 入浴料 大人600円
  • シャンプー&ボディソ完備
  • 露天風呂あり
  • 100円コインロッカーあり
  • 休憩所あり
  • 売店あり

強酸性のみょうばん泉。毎分6000リットルという豊富な湧出量を誇ります。源泉からあふれ出たお湯が川のように流れているほどです。お湯は白濁で若干の鉄臭がありました。浴室は木材が多く使われていて自然のぬくもりを感じさせます。露天風呂では標高1100mの涼しい風を浴びながら眼下に広がる原生林を眺めることができます。夜は空から降り注ぐような満点の星空を楽しめるとのこと。大自然の癒しを存分に満喫できること間違いなし。

栗駒山荘は1泊2万円近くする宿です。それでも年中予約が一杯で宿泊することが非常に困難とされています。施設の立派さはもちろんですが、都会の喧噪から離れた環境が登山客以外にも好評なのかもしれない。私もいつか泊まってみたいですね。

山岳部にこれほど立派な山荘を建てたことを評価して5つ星とします。

総評:★★★★★

P9220086
売店で売っていた角こんにゃく。100円也。

P9220083
源泉から流れ出る湯。

P9220085
やけどするほどの熱さではない。

温泉を満喫したので帰路へ。
花山村経由で帰ります。

P9220088
須川湖。

須川温泉~国道398号~花山村~荒砥沢ダム

P9220096
荒砥沢ダム。

P9220095
入口ゲートが閉じていたので接近できず。

近場の栗駒ダムにも立ち寄り。

P9220097
取水設備更新工事中らしい。

P9220099
管理所は細いトンネルの向こう側。

P9220104
栗駒ダム。

P9220101
写真左は洪水吐ゲートを開閉する巻上機。

昭和37年から平成20年まで使用されたものだそうです。

P9220106
何やら気になるボタンが・・・。

P9220105
押すと管理棟のスピーカーから大音量で放送が流れます。

栗駒ダム~一迫~国道4号~高清水町

P9220111
桂葉清水に立ち寄り。

P9220112
生水だから煮沸消毒が必要。

P9220113
清水・・・?

高清水町にはかつて7つの名水があったそうです。現在は枯れてしまったりでかつての面影は失われているとのこと。

国道4号~古川~大衡村~大和町~富谷~仙台で帰着。

|

« 台風 | トップページ | 玉子湯 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
去年、北海道ツーリングの長~い旅行記を読んでいただいたhiroです。
僕も今日は温泉に行ってきました。岐阜県の土岐市の温泉です。
実は、去年の12月に女川、南三陸、旧雄勝辺りを旅してきました。考えさせられることがいっぱいでした。「津波で全てを失ってしまった人が精一杯がんばっている姿を実際にこの目で見て、何一つ失わなかった僕も何かに挑戦しなければ」・・・そんな思いにかられたことを覚えています。これまで30数年間過ごした仕事を辞めて、いい歳をして、夢に向かって進むことにしました。
ちなみに、その時の旅の足は、レンタカーのスプラッシュでした。小さいながら「ヨーロッパの足」は感心するくらい確かなものでした。

投稿: hiro2088 | 2013年9月29日 (日) 23時43分

こちらこそお久しぶりですhappy01

女川や南三陸あたりは宮城でも津波の被害が大きかったところです。雄勝辺りは元から鉄筋の建物が少ないので何も無くなってますね・・・sweat01

ボランティアで瓦礫の片付けをしましたが震災後に比べたら昨年の12月だと殆ど片付いた感じがします。でも、どこも空き地になっているばかりで復興が進んでいない現状を見て頂けたのかと思います。あの光景を見てhiroさんのように何か決意をされた人も大勢いると思います。多くの人にとって3月11日が大きな転換点になったはずですが、自分はまだそれを意味するところがよく分かりません。10年後、20年後になって初めて総括できるような気がします。だから被災地の復興と課題をこれからも見つめていきたいと思っていますcoldsweats01

>レンタカーのスプラッシュ
コンパクトでも走りは本格派ですよね。
またファンが増えたみたいでうれしいですhappy02

投稿: k1102 | 2013年9月30日 (月) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183913/58244124

この記事へのトラックバック一覧です: 須川温泉:

« 台風 | トップページ | 玉子湯 »