« 滑川温泉 | トップページ | 蔵王ハートランド »

2013年8月14日 (水)

光明の滝

期間:2013年8月14日
場所:宮城県・光明の滝

朴沢にあるあまり知られていない滝を訪れました。

関連:光明の滝

Dsc02859
1車線の林道を2kmくらい走ります。舗装道路。

Dsc02860
駐車場と仮設トイレあり。

Dsc02861
入口の鳥居。

Dsc02862
大正7年9月18日建立とな。

Dsc02864
階段を下ります。

Dsc02868
光明の滝。

ハイビジョンで動画を撮影してきました。

Dsc02866
祠には不動尊が祀られているらしい。

Dsc02875
朴沢の石碑群。

Dsc02876
由来など。

Dsc02877
亀の子石。

Dsc02884
馬頭観音。

石碑の半分以上が馬頭観音でした。昭和初期の年号まであるので戦前まで当地で馬が重要な労働力だったことがわかります。

Dsc02885
庚申塔。

Dsc02878
寒念仏供養塔?異体字で読めない・・・。

目を引いたのがこちらの石碑。安永三年甲牛年とあることから1774年に立てられたことがわかります。1770年代より凶作が続いていたのでその飢饉の供養塔ではないかと思いましたが帰ってから調べて見るとどうやら「寒念仏供養塔」らしい。

寒念仏とは?

僧が寒の30日間、明け方に山野に出て声高く念仏を唱えること。のちには俗人も寒夜、鉦(かね)を打ちたたいて念仏を唱え、家々の門前で報謝を請い歩いた。

(コトバンクより抜粋)

この苦行が成就した記念に立てられたのだろう。三文字目が本当に仏の異体字なのか疑問が残ります。旧字、異体字は難しいですね。

ちなみにこの約10年後の1784年に未曾有の大凶作となる天明の大飢饉が起きるのである。凶作続きで疲弊していた農民にとってどれほど絶望的だったろうか・・・。

|

« 滑川温泉 | トップページ | 蔵王ハートランド »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183913/57990430

この記事へのトラックバック一覧です: 光明の滝:

« 滑川温泉 | トップページ | 蔵王ハートランド »