« 金山峠 | トップページ | 川原毛地獄 »

2013年7月28日 (日)

富沢磨崖仏群

期間:2013年7月28日
場所:宮城県・富沢磨崖仏群

柴田町に磨崖仏(まがいぶつ)があるという情報を入手したので見て来ました。磨崖仏とは自然の岩壁や露岩、転石に彫られた仏像のことです。かつて訪れた福島県の金山町にある鮭立の磨崖仏は岩肌に刻まれた石仏の素朴な力強さと、こんな僻地の山奥にも信心深い人達がいたのかと古の信仰に感嘆したものでした。

関連:指定文化財 富沢磨崖仏群

Dsc02832
柴田町の富沢地区にあります。
非常に場所がわかりにくい。そして私道みたいな狭い1車線を通らなければなりません。対向車が来たらアウトでした。ちなみに案内看板などは見かけなかった・・・。

Dsc02833
県指定史跡の碑。昭和46年指定だからそんなに昔でもない。

Dsc02837
鞘堂に覆われています。

Dsc02840
磨崖仏は50cmくらいかと思ってたら意外と大きかった。
高さ2mはあると思いました。

※フラッシュが横木に遮られてうまく撮影出来ませんでした。内部は暗い。

嘉元4年(1306)の銘があり恵一坊藤五良が父の供養のために彫ったと言われている。塔北唯一の在銘磨崖仏として資料的価値が高いそうだ。

Dsc02844
石碑群。いずれも風化が激しい。

Dsc02845
庚申塔。

Dsc02847
馬頭観音もありましたね。

Dsc02849
石窟内に安置された六地蔵。

Dsc02850
やはり風化が激しい。

Dsc02851
頭部が損壊しているものも。

帰りに金蛇水神社でお参り。

Dsc02853
初めて訪れました。

Dsc02855
141ビルに分霊社があることもよく知られている。

Dsc02857
金運円満になるかな?

|

« 金山峠 | トップページ | 川原毛地獄 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183913/57880446

この記事へのトラックバック一覧です: 富沢磨崖仏群:

« 金山峠 | トップページ | 川原毛地獄 »