« 保野川ダム | トップページ | 金山峠 »

2013年7月14日 (日)

十部一峠

期間:2013年7月14日
場所:山形県・十部一峠

「最後のダート国道」として知られる国道458号十部一峠に行ってきました。残念ながら大蔵村側で通行止めがあり肘折温泉まで通り抜けできませんでした。寒河江市側は殆ど舗装化されてましたが一部狭窄区間がありちょっとだけど酷道の雰囲気でした。広い路肩が頻繁にあるので離合は苦労しないし、携帯電話も比較的よく通じていたので難易度は低いと思います。酷道初心者でも気軽に走れる道でしょう。

関連:十部一峠Wikipedia

Dsc02810
通行止めですが十部一峠までは行けるとのこと。

Dsc02814
2車線終了。

Dsc02816
通行止め。

Dsc02815
砂防ダム。

Dsc02818
国道のためか橋も幅広い。

Dsc02819
幸生銅山で無くなった人達の墓だそうです。

Dsc02820
合掌。

Dsc02821
鉱山の遺構は殆ど見あたりません。

Dsc02823
閉山してから長い年月が経ち忘れ去られようとしています。
上流にある永松鉱山の支山になっていたそうです。

Dsc02826
草に埋もれる山神の碑。

Dsc02828
寒河江側はちょっとだけダート。

Dsc02829
十部一峠。

Dsc02830
永松林道入口。

この林道の先6kmに永松鉱山跡があるらしい。最盛期には3000人を超える人達が住んでいたとのこと。ズリ山などの遺構を見ることができるらしく興味を引きましたが林道が通行止めのため断念。かつて栄えた鉱山も今では草木に埋もれ人々の記憶から忘れられようとしています。世の無常を感じますね。。。。

|

« 保野川ダム | トップページ | 金山峠 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183913/57790496

この記事へのトラックバック一覧です: 十部一峠:

« 保野川ダム | トップページ | 金山峠 »