« 寒河江花咲か温泉ゆ~チェリー | トップページ | スズキ・スプラッシュ特集 その5「車検編」 »

2013年3月 2日 (土)

白銀埼灯台

期間:2013年2月23日
場所:宮城県・白銀灯台

旧雄勝町にある白銀灯台を訪れました。

Dsc02478
県道から脇道に入るとほどなく広場があります。
この先には休業中のホテルがあります。

Dsc02479
本来はホテルの駐車場なのだろう。
車を止めて岬に向かいました。

Dsc02480
遊歩道。
轍から軽トラは日常的に通行していると思われる。

Dsc02482
白銀神社参道入口。

ここまで車道。離合ポイントはないものの道幅は普通車でも行けそうな感じでした。参道手前には転回スペースもあります。でも、灯台まで歩いても15分くらいなのでわざわざ危険を冒して車で進入することはおすすめしません。

Dsc02483
最初の鳥居。

Dsc02484
神社境内付近から草木、石などを持ち帰り災いを受けた例が少なからずあります、とのこと。何それ怖い。

Dsc02485
昭和58年奉納の鳥居。

参道脇の石灯籠がバラバラに崩れていました。
東日本大震災の被害はここにも・・・。

Dsc02486
白銀神社。

Dsc02487
鐘撞堂。

Dsc02488
白銀神社由緒。

後学のため転載します。

当社は和銅年間百済から帰化した王敬福陸奥守に任ぜられ奥州巡行の折、牡鹿郡金華山を詣でたとき新山の海人、海底より大巳貴形の石を採り献じた。王敬福それを御覧になり「これ白銀なり、白銀大明神と芳斎すべし」との命により郡人五本松と言う岬に社を造り奉祀したと伝えられている。

応永三十一年の古文書に白銀の宮と記されており、京都伏見稲荷神社より正一位を授けられている。仙台藩主代々の崇敬篤く伊達忠宗、吉村、宗村の諸公、白銀崎山追鹿狩り出駕の砌り当社に参詣日和祭りを行い奉幣のことがあった。(社蔵文書)現在の本殿は文化二年の建造で社殿は再度造営され現在に至っている。明治五年十一月に村社に列せられた。

祭神 金山毘古神 金山毘売神
例祭日 旧三月十九日 新九月十九日

昭和五十八年九月十九日
雄勝町

Dsc02489
参拝し、芳名帳に記帳しました。

拝殿はきれいにペンキが塗られていて、内部もよく清掃されているようでした。氏子からの信心が篤い良い神社ではないかと思われます。

Dsc02491
白銀灯台。

灯質は群閃白光、光到達距離は12海里(約22.2km)。

Dsc02496
入口の様子。

Dsc02492
扁額。初点は昭和32年12月。

Dsc02493
灯台より果てしない太平洋。

灯台は切り立った岬の先端にあります。岬は他に訪れる人も無く、ただ風の音が聞こえるばかり。雄大な自然を感じられる隠れた名所だと思いました。

|

« 寒河江花咲か温泉ゆ~チェリー | トップページ | スズキ・スプラッシュ特集 その5「車検編」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183913/56871689

この記事へのトラックバック一覧です: 白銀埼灯台:

« 寒河江花咲か温泉ゆ~チェリー | トップページ | スズキ・スプラッシュ特集 その5「車検編」 »