« 入道崎 | トップページ | つまり、エイラーニャ。 »

2011年9月25日 (日)

十和田湖

期間:2011年9月25日
場所:青森県・十和田湖

十和田湖までツーリングしてきました。

関連:十和田湖Wikipedia

Dsc03435
早朝の八甲田は冷え込みます。
時間によっては秋冬装備が必要かも。

Dsc03399
国指定天然記念物「法量のイチョウ」

Dsc03400
イチョウでは日本第4位の巨木。

Dsc03402
目の前に駐車帯あり。

対岸に渡ると国重文指定の「旧笠石家住宅」と十和田湖民俗資料館があります。

関連:十和田湖民俗資料館

Dsc03405
旧笠石家住宅。

Dsc03407
茅葺屋根。内部は広い。

Dsc03408
十和田湖民俗資料館。
この地で実際に使用されていた農具が多数展示されています。

奥入瀬渓流を経由して十和田湖へ移動。

Dsc03410

Dsc03411

Dsc03413

Dsc03414

Dsc03418

Dsc03419
高村光太郎作「乙女の像」。

十和田湖のシンボルとしてあまりにも有名なこのブロンズ像は昭和28年(1953年)に完成している。落成後に発表した詩「十和田湖畔の裸像に与う」からこの像にかける熱い想いや気迫を感じられるのではないだろうか。

>十和田湖畔の裸像に与う (高村光太郎)

>銅とスズとの合金が立ってゐる。
>どんな造型が行はれようと
>無機質の図形にはちがひない。
>はらわたや粘液や脂や汗や生きものの
>きたならしさはここにない。
>すさまじい十和田湖の円錐空間にはまりこんで
>天然四元の平手打をまともにうける
>銅とスズとの合金で出来た
>女の裸像が二人
>影と形のように立ってゐる
>いさぎよい非情の金属が青くさびて
>地上に割れてくづれるまで
>この原始林の圧力に堪えて
>立つなら幾千年でも黙って立ってろ。

Dsc03423
遊歩道。

Dsc03424
十和田湖神社

Dsc03425

Dsc03428

田代平経由で青森へ。

Dsc03431

Dsc03434
牛が放牧されていました。

青森はバイクシーズンもそろそろお終いです。
今年はあと何回乗れるでしょうか・・・。

|

« 入道崎 | トップページ | つまり、エイラーニャ。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183913/52828175

この記事へのトラックバック一覧です: 十和田湖:

« 入道崎 | トップページ | つまり、エイラーニャ。 »