« 週末 | トップページ | α55対応リモコン RW-RM-S1AM »

2011年1月15日 (土)

冬の最北紀行 中編

期間:2011年1月6日~1月10日
場所:北海道・塩狩峠、ノシャップ岬

前編はこちら

第2日目

午前8時にホテルを出発して予約していたレンタカー店へ。
電車で最北端を目指すのも良いのですが時刻表に左右されたり、見られる場所が制限されることが嫌だったのでレンタカーを選択しました。やっぱり自由に移動できるメリットは大きいですね。厳冬期ということで難易度の高い雪道が予想されましたが道民も普通に運転しているし大丈夫だろう、と割と楽観的でした(ぇ

でも、首都圏などあまり雪道に馴染みない人は避けたほうがいいかと思います。何が起こるか分からないのが雪道の恐ろしさです。

Dsc00513
マツダレンタカー旭川駅前店。

Dsc00519_2

オフシーズンなので料金35%OFFでした。
1泊2日で1万5000円(諸費用込み)とお買い得。

Dsc00515
NEWデミオです。

Dsc00517
一応、4WD車。

モーターで駆動するe-4WDなので発進時しか後輪にトラクションがかかりません。個人的にe-4WDはあってもなくても大して変らないと思います。むしろ重量増加のデメリットが大きい気がします。気休め程度にはなると思いますが・・・。北海道ならせめてフルタイム4WD、できればセンターデフロックで直結駆動できる車が欲しいですね。

Dsc00520
雪道は頻繁にエンジンブレーキを使います。
レバーが引っかかる感じがするのはイマイチ・・・。

Dsc00521
旭川市内から国道40号線を北東へ移動。
市内は片側2車線で走りやすいです。段差のない滑らかに除雪された路面は地元土木業者の技量の高さが感じられます。あと、雪自体も青森と比べると少ない気がします。雪質が乾いているので風で飛ばされるのかも。

旭川市内~国道40号線~塩狩峠

Dsc00522
塩狩峠駐車場。

Dsc00528
特急が通過。

Dsc00558
塩狩峠。

三浦綾子の小説「塩狩峠」の舞台です。
実際に事件が起こった場所は少し離れているらしい。

>1909年(明治42年)2月28日、ここ塩狩峠の区間に差し掛かった旅客列車の
>客車最後尾の連結器が外れて客車が暴走しかける事故がおこった。
>その車両に乗り合わせていた鉄道院(国鉄の前身)職員の
>長野政雄(ながの まさお)が、暴走する客車の前に身を挺して
>暴走を食い止めた。下敷きとなった長野は殉職したが、
>これにより乗客の命が救われた。
>現在、塩狩峠の頂上付近にある塩狩駅近くに顕彰碑が立てられている。

関連:塩狩峠Wikipedia

Dsc00555
長野政雄氏殉職の地碑

Dsc00557
記念碑を訪れた人のメッセージポスト。
地元の教会が設置しているようです。

Dsc00560
冬期なので人影もなく静かな場所でした。

Dsc00565
塩狩駅ホーム。

Dsc00566
塩狩峠記念館(冬期閉鎖中)。

塩狩峠~国道40号~士別市~名寄市

Dsc00569
路面が見えるほど雪が少ない!

Dsc00570
昼間ですがヘッドライトを点灯して走行しました。
天候が急変するので安全のため常時点灯を心がけたい。

Dsc00571
道の駅「もち米の里☆なよろ」

”☆”も含めて正式名称らしいw

Dsc00572
駐車場広いです。

Dsc00575
ツーリングマップル北海道で「18種類のアイス大福が人気」と紹介されています。写真は「ハスカップ」味の大福です。ハスカップは北海道に自生する植物で実がブルーベリーのような味がします。ビタミンCやアントシアニンを豊富に含み特産品として栽培も行われています。もち米の甘さとハスカップの爽やかな酸味が利いていてとても美味しかったです。道の駅に立ち寄ったらぜひ食べたい一品ですね!

関連:株式会社もち米の里 ふうれん特産館

名寄市~美深~音威子府~中川町~幌延町

Dsc00578
美深市内

Dsc00580
道の絵「なかがわ」

Dsc00581
日中も気温が上がらず-10℃近い極寒でした。

Dsc00584
周期的に天候が変りました。時には青空も・・・。

Dsc00586
北緯45度線を突破!

Dsc00587
幌延町某所

Dsc00589
幌延町トナカイ観光牧場

Dsc00619
数人の観光客らしき人がいました。

Dsc00618
入場無料。冬期は営業時間にも注意。

Dsc00590
建物の奥が飼育場です。

Dsc00602
おぉ!

Dsc00600
大きい角。

Dsc00603
たくさんいました。

Dsc00609
雪を掻き分けてエサを探しています。

Dsc00613
つぶらな瞳。

Dsc00614
レストランでトナカイ肉を食べられます。
ソーセージは豚肉との合い挽きで食べやすいらしい。

Dsc00615
トナカイソーセージカレーを注文。

Dsc00617
スモークのためか土っぽい味がします。

野味っぽくて悪くないと思います。また、ソーセージはカレーに隠れてる部分の長さもあるので食べ応えがあります。ちょっと辛めのカレーとも良く合いますね。トナカイを見て冷えた体に暖かいスープの付け合わせというのも有り難い。

幌延町~稚内市~ノシャップ岬

いよいよ最北端の稚内市へ。

Dsc00629
ノシャップ岬灯台

関連:ノシャップ岬Wikipedia

Dsc00628
オホーツク海から吹き付ける海風がとても冷たい。
あっという間に体温を奪われてしまいます・・・。

Dsc00630
閑散としたお土産屋。

Dsc00641
オホーツク寒流水族館(冬期閉館中)

Dsc00632
稚内恵山泊漁港公園

Dsc00634
イルカのオブジェ。

Dsc00635
ノシャップ岬

あまりにも寒いのでさくっと見学して市内へ待避。

Dsc00650
北防波堤ドーム

稚内漁港にある大型の防波堤。
ドラマのロケも多いとか。

Dsc00652
ギリシア建築を思わせる柱。

本日の宿は稚内全日空ホテル。
最北端唯一の本格的シティホテルらしい。オフシーズンなので格安で取れました。

関連:北海道 稚内全日空ホテル

Dsc00659
シングルで予約したのにツインだった。死にたい。
一人旅なのに無駄に広い・・・。

Dsc00660
ビジホばかり泊ってるので本格的なホテルはひさしぶりです。アメニティとかフルスペックで流石「全日空」の名を冠しているだけあります(反面、テレビがアナログだったりするのが訳ありなのかも)。普通に宿泊するなら8000円以上、都内だったら1万円を超すクラスだと思う。

Dsc00664
インターネット環境。

テレビの館内放送に重畳するタイプのようです。
フロントでケーブルモデムを無料でレンタルできます。

Dsc00666
アンテナ端子にモデムを接続。

Dsc00667
夕食の情報収集をするなど。
基本的に酒は飲まないので定食屋を探します。

Imgp1130
ホテルから徒歩10分くらいで目的のお店に。

Imgp1129
ボリューム亭なう。

関連:稚内 ボリューム亭

Imgp1123
ランチタイムはもちろん夜も営業しています。

Imgp1124
ジャズが流れていて落ち着いた雰囲気です。
オールド・アメリカっぽい店内もいい感じ。

Imgp1127
チキンカツ定食を注文

Imgp1128
熱々のチキンカツが2枚も!

ご飯も大盛りです。とても美味しくて大満足の夕食でした。
ぜひおすすめしたいお店です。

帰りがけにキタキツネを見かけました。
逃げる様子がないので心ない誰かがエサをあげたのだろうか・・・。

Imgp1139
ちょこんと座ってました。

Imgp1134
半径3mくらいまで近づけました。
一応、一定の距離を保って警戒しているみたい。

Imgp1132

エキノコックスに感染するので絶対触ってはいけません。
また、可愛いからと言ってエサを与えるような馬鹿なことはやめましょう。
野生動物と人間の住み分けをよく考えるべき。

おまけ

(後編につづく)

|

« 週末 | トップページ | α55対応リモコン RW-RM-S1AM »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183913/50590079

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の最北紀行 中編:

« 週末 | トップページ | α55対応リモコン RW-RM-S1AM »