« 青森ねぶた祭り | トップページ | 夏の北海道巡り 前編 »

2010年8月 8日 (日)

大湯環状列石

期間:2010年8月8日
場所:青森県・日本キャニオン、秋田県・大湯環状列石

最高気温が30度を余裕で超える酷暑の中ツーリングしてきました。ライディングウェアを着ていると立っているだけで何の罰ゲームだよ・・・という気分になります。バイクに乗る前に熱中症で具合が悪くなりそうでした。走行している間はヘルメットやウェアのベンチレーション機能で風が入って涼しいのですが信号で止まった時が地獄ですね。

朝5時出発。

青森~浪岡~津軽道~五所川原~鰺ヶ沢~深浦

Dsc01932
千畳敷

Dsc01929
午前7時だというのに夏空過ぎる・・・。

Dsc01933
早朝なので観光客無し

Dsc01934
風合瀬の道の駅にて

十二湖を目指してさらに南下。
国道からちょっと山道に入ります。

Dsc01938
日本キャニオン

日本キャニオンはアメリカのグランドキャニオンにヒントを得て命名されたとのこと。氷河の名残ではないかとも言われている。

Dsc01939
駐車場。これより徒歩500m

Dsc01940
遊歩道が整備されてます

Dsc01944
しばらく歩くと断崖の上に出ます。

Dsc01945
白い岩肌が日本キャニオン。沖合からも目立つらしい。

さくっと見学して国道101号線をさらに南下して秋田県入り。
田園地帯を抜けて大館を目指します。

Dsc01954

能代平野は直線道路が続く!

Dsc01955

美人を育てる秋田米。
青々とした稲穂です。

Dsc01957

鷹巣の道の駅で休憩。
ゲリラ豪雨に見舞われました。

大館~比内~鹿角で大湯環状列石

Dsc01979
駐車場広い。
時々バイクツーリングの人が入ってきてました。
なぜかみんなソロツーだった。ストーンサークルは人気無いのかw

Dsc01960

駐車場から徒歩100m

Dsc01963

清々しい芝生が広がっています。

Dsc01964

Dsc01965

復元したもの。

Dsc01968

Dsc01969

日時計の役割をしているらしい。

Dsc01974

甕棺(かめかん)が出土しているので墓だったと考えられる。しかし人骨は出土していないのが気になるところ。内部の土を分析した結果、高等動物特有の脂肪酸が検出されているらしい。

Dsc01975

石の他に木柱も建てていたらしい。

Dsc01977
帰り際にカモシカを見かけました。
こんな平地まで降りてくるんですね。

Dsc01978
しばらく見つめてると走りさって行きました。

見学後、給油のため鹿角市内へ。
休憩もしたかったので道の駅に立ち寄ることに。

Dsc01980
道の駅鹿角。

Dsc01981
食堂入ろうとしたら満員でした。

Dsc01983
仕方なく北限の桃ソフトクリーム(280円)を食べるの図。

爽やかな桃の風味が(゚Д゚)ウマー

鹿角~十和田湖~虹の湖~黒石~浪岡~青森空港~市内で帰着。
走行距離は400kmくらいでした。

|

« 青森ねぶた祭り | トップページ | 夏の北海道巡り 前編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183913/49096640

この記事へのトラックバック一覧です: 大湯環状列石:

« 青森ねぶた祭り | トップページ | 夏の北海道巡り 前編 »