« 大湯環状列石 | トップページ | エイラーニャ »

2010年8月17日 (火)

夏の北海道巡り 前編

期間:2010年8月14日~16日
場所:北海道・地球岬、ポロトコタン、神威岬、サラキ岬

夏ならば、北海道。

夏季休暇を利用して北海道ツーリングしてきました。年始めのエスクード売却による資金調達、大型自動二輪の免許の取得そして新バイクの導入などを乗り越えてついに念願の渡道でした。広大な北海道を旅するにあたって2泊3日はあまりにも短い期間なので今回は道南を中心に探索。冬の函館旅行おかげで大体の所要時間が掴めていたので余裕を持ってツーリングすることができました。本土とはスケールの違う雄大な自然と果てしなく続く直線道路に魅了されました。
バイク乗りなら絶対に一度は行くべきだと思います。

関連:津軽海峡フェリー

第1日目:

20100814
第1日目の走行ルートと主な滞在場所

  • 函館港
  • 長万部
  • 地球岬
  • ポロトコタン

Dsc01985
津軽海峡フェリー青森港。

8月14日(土)
05:20発 09:00着
青 森→函 館 5便

Dsc01986

(バイク持ち込みの乗船は)初フェリーだったので初っ端から緊張しました。5時20分出港ですが手続きやバイクの積み込みあるので4時前に到着。受付で発券してもらい待機場へと移動しました。出港の約1時間前から乗船が始まるようです。バイクは最奥に積むので乗るときは車よりも先に、降りるときは車の後になります。

乗り込み手順としては、

  1. 待機場でチケット確認(待機場に到着時)
  2. 1時間前に埠頭の係員から乗船の誘導(小型バイクから?)
  3. タラップを渡りフェリー船内へ
  4. すぐスロープで上階へ。傾斜が急で凹凸がある・・・
  5. 誘導に従って船内の隅へ
  6. 指定位置で停車、エンジン切り
  7. すぐに係員がロープで固定しにきます
  8. 後は船体中程の入口から客室へ移動して自由に

船内は滑りやすいので注意。スロープも傾斜が急なので足つきが悪い車種は途中で止まるようなことがあると転倒する危険性が大きいです。前車と適切な車間距離を保って走行したい。

Dsc01987

オレンジの制服を着た係員がすばやくバイクを固定。ぐずぐずしていると「北海道に行く前に夏休みが終わっちまうぞ、アホ!」「じじいのファックの方がまだ気合いが入っている!」などと怒鳴れます(ぇ

Dsc01989

甲板に自由に出られます。

Dsc01993

風が強かった。

Dsc01995

救命ボートがありました

Dsc01997

清々しい天気でした。
大気が霞んでいたので陸地は見えず。

Dsc01998

北海道なう!

Dsc02000

旅の相棒。
400cc並の扱いやすさと大型自動二輪ならではのパワーを両立したミドルネイキッド。慣らし運転も終わり北海道を思う存分走り回れました。ビジホ泊まりなので荷物は最小限です。後部に積載している防水バッグは何でも詰め込んでおける気軽さがあります。リアキャリアもいいけど手軽に持ち運びできるので一つあるといいかも。タンクバックは地図や小物を入れるためツーリングには必須。

函館~森~八雲~長万部

函館から国道5号線を北上。対向車線を走るライダーからv(・∀・)yaeh!をたくさんもらいました。すれ違うライダーのほぼ全員からピースを貰っていたような気がします。お互いの安全と良い旅を祈り自分もすかさずピースを返しました。今では殆どすることがなくなったピースサインが残っているのは北海道ならではだと思います。昨今は賛否両論あるピースですがこの先も残っていて欲しいですね・・・。

Dsc02002
国道5号線。果てしない直線道路が続きます。

Dsc02005
長万部駅。

Dsc02006
ツーリングマップルに載ってる「かにめし本舗かなや」。
長万部駅前の交差点角にあります。

Dsc02008
昼食にカニ飯購入。1050円也。

Dsc02009
甘いカニの身に合せたしょっぱい漬け物がgood!
名物を味わうのも旅の醍醐味ですね。

長万部~洞爺湖町~伊達市~室蘭~地球岬

Dsc02018
地球岬駐車場。

Dsc02017
アイヌ語の「ポロ・チケップ」が訛って地球岬となった。
地球の丸さを実感できるほど果てしなく水平線が広がります。

Dsc02015
展望台

Dsc02022
幸福の鐘

Dsc02025
果てしない水平線。曇りだったのが少し残念。

Dsc02029
地球岬灯台

Dsc02033
トッカリショ

Dsc02034
アイヌ語で「アザラシの岩」の意。
絶壁の入り江です。

室蘭~国道36号~登別~白老町

Dsc02042
ポロトコタン。

アイヌのチセを復元したものや資料館があります。アイヌ語の「チセ」が”家”を意味することは最終兵器彼女の読者にはおなじみですね。

関連:アイヌ民族博物館

Dsc02040
駐車料金は100円。
バイクは路上駐車でもよさそうですけど律儀に払うなど。

Dsc02043
入口。大人750円。

Dsc02044
コンタコロクル(むらおさ)の像。高さ16mのFRP製です。アイヌは偶像崇拝しないのでこういう人形が作られていたと勘違いしてはいけません。

Dsc02049
北海道犬(国指定天然記念物)。
ソフトバンクのCMに出ている犬はこの犬種らしい。
へぇーへぇー

Dsc02050
ヒグマ。鋭い爪はまさに野獣!

Dsc02058
ポロト湖。

Dsc02061
熊檻と食料貯蔵庫。
貯蔵庫は高床式でねずみ返しが付いてます。春先に生け捕りにした小熊を育て、翌年2月にイヨマンテ(熊の霊送りの儀式)を行いカムイ(神)の国へ送り返すとのこと。つまり家畜として飼ってたということなの・・・?

Dsc02067
一番大きい建物に吊してあった鮭の燻製。
作り物かと思ったら本物らしい。

Dsc02069
アイヌの説明や古式舞踊の公演など20分弱の紹介プログラムがあります。

翌日に備えて宿泊場所まで移動。

白老町~室蘭

室蘭グリーンホテル泊。

Dsc02071
料金が安い。インターネット接続可能なのが良い。

Dsc02073
ホテル前に砂利の駐車場があります。

Dsc02072
近所の長崎屋で食料調達。

Dsc02075
総菜の売れ残りを接収。
気のせいかポテトサラダが美味しい。地元北海道産のじゃがいも使用なのか。

Dsc02078
焼き鳥かと思ったら豚串だった。
室蘭焼き鳥という名物になっているらしい。

つづく。

|

« 大湯環状列石 | トップページ | エイラーニャ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183913/49169445

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の北海道巡り 前編:

« 大湯環状列石 | トップページ | エイラーニャ »