« 夏の北海道巡り 中編 | トップページ | 大雨 »

2010年8月22日 (日)

夏の北海道巡り 後編

期間:2010年8月14日~16日
場所:北海道・地球岬、ポロトコタン、神威岬、サラキ岬

1日目はこちら
2日目はこちら

第3日目:

20100816
第3日目の走行ルートと主な滞在場所

  • 今金町
  • サラキ岬
  • 函館港

3日目もホテルの朝食を食べるなど。ビジホ泊まりの場合はコンビニやスーパーで食料を調達することが多いのですが近辺にそれらしきものはありません。急遽、チェックインの時に朝食をお願いして事なきを得ましたが要注意ですね。函館や室蘭など市街地ばかり宿泊していたのですっかり甘くみていました。反省。

Dsc02154
ホテルいまかね。
併設の町営温泉は8月17日から改装のため休館中なので注意。

Dsc02157
今金町から国道230号線を長万部方面へ。
早朝のため後続車や対向車も無く、道路を独り占めしてるみたいで最高でした!

Dsc02158
美利河(ぴりか)ダム。

Dsc02160
ダム前には広大なテントサイトがありました。
今度はここでキャンプしてみたい。

今金町~国道230号~長万部~国道5号

Dsc02161
内浦湾。遠くに見えるのが室蘭方面。
広大な北海道を思い知らされる風景です。

Dsc02162
5号線沿いのPAで一休み。

午前10時には函館市内へ到達。フェリーの時間まで市内を見て回りました。前日の大雨と打って変わって非常に暑い一日でした。しかも市街地は渋滞しているしバイクの廃熱と合わさって熱中症になるかと思いましたよ・・・。

Dsc02164
青函連絡船記念・摩周丸

Dsc02165
旧函館駅所在地の碑

あまりにも暑いので冨士冷菓でアイスを食べるつもりでした見つからず。ツーリングマップルは市街地図の縮尺が小さいので狭い路地にあるポイントを見つけにくいです。この辺は改善して欲しいです。しばらくグルグルしてましたけど埒があかないので諦めて海沿いへ待避。啄木公園で一休みしました。

Dsc02166
啄木公園

Dsc02167
駐車場狭い

Dsc02168
説明

石川啄木が函館に滞在していた間、よくこの砂浜を訪れたとのこと。「一握の砂」にもこの浜辺の事が歌われているらしい。

Dsc02172
石川啄木像

Dsc02173
打ち寄せる波と函館山。

Dsc02181
函館市民に愛されるラッキーピエロ
ハンバーガー以外も絶品なのでおすすめです。

Dsc02179
バニラシェイクとチャイニーズチキンバーガーを注文。
冷えたシェイクがまた最高なんダナ。

Dsc02180
このジューシーな唐揚げが美味い!

Dsc02184
市内に展開しているので見かけたらぜひ。

まだ時間に余裕があったので国道228号線を西へ流してみることに。少し市街から外れると見えてくる太平洋セメント海上桟橋がマスドライバーみたいでかっこいい。函館湾内に2kmも突き出ているらしい。天気も良く、輝く海を視界に捕らえながら快走できたの本当に気持ちがよかったです。今回の北海道ツーリングで一番天候に恵まれました。

Dsc02187
サラキ岬

関連:サラキ岬Wikipedia

Dsc02186
広い空き地にバイクを駐めました。
5万本のチューリップが咲く名所としても知られる。

Dsc02188
幕末に幕府側の軍艦「威臨丸」が沖合で沈没したとのこと。

Dsc02189
模型かと思ったら漁船を改造しているっぽいw

Dsc02192
威臨丸終焉の地碑

Dsc02193
天気がよいと大間も見えるらしい。
大気が霞んでいて見えませんでした。

時間近づいてきたので再び函館市街へ。

Dsc02201
フェリーターミナル近くのホームセンター。
資材を現地調達するのに役立ちそう。

Dsc02200
北海道限定の乳酸菌飲料「カツゲン

昭和初期に開発された由緒ある飲み物らしい。
ピルクルより酸味が強い感じでした。

Dsc02214
函館港フェリーターミナル。

Dsc02202
1階の食堂でカレーを食べました。

Dsc02209
3階の待合室が結構快適。

Dsc02211
このフェリーに乗りました。

Dsc02204
出港を待つフェリー。

Dsc02217
いよいよ搭乗時間。

8月16日(月)
17:30発 21:10着
函 館→青 森 18便
スタンダード バイク有り

 

Dsc02219
甲板から待機場を望む。

Dsc02220
タラップを格納して出港準備。

Dsc02222
青森へ向けて出港。

Dsc02225
さようなら北海道!ありがとう北海道!

Dsc02226
函館山も遠ざかっていきます。

Dsc02228
甲板にウミネコが寄ってきます。

3日間という短い期間でしたが北海道の広大な自然を実感することができました。初めてのフェリー&北海道ツーリングでした大きなトラブルもなく本当に楽しい思い出になりました。途中ですれ違った多くのv(・∀・)yaeh!をくれたみなさん、休憩中に会話を交わしたライダーやチャリダーの方々との交流も心温まるものでした。また何時の日か北海道ツーリングをするつもりです。

オチ。

青森港で下船するとき船内で立ちゴケしました。
幸いケガやバイクの破損はありませんでしたが恥ずかしすぎる・・・orz

|

« 夏の北海道巡り 中編 | トップページ | 大雨 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183913/49220426

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の北海道巡り 後編:

« 夏の北海道巡り 中編 | トップページ | 大雨 »